From blog

子供たちの力

昨日、「里山資本主義」や「デフレの正体」の著者である、

藻谷浩介さんのお話を聞く機会がありました。

 

「デフレの正体」は4年ほど前に読まさせて頂きましたが、

その当時思ったのは「人口減社会の中で、どのように暮らしていくか」程度で

自分がどうしたらよいのかという具体的な答えは導き出せていませんでした。

 

当社は、

「子供達に数多く社会体験をさせることで、

将来の選択肢を増やし、個性的な人材を多く輩出する」

ことを目指しますので、

里山資本主義の考え(地域で回す、絆づくり)が

とてもしっくり聞く事ができ勉強になりました。

 

われわれ大人達が、子供達が過ごしやすい世の中になるよう、

微力ながら貢献していきたいと思ったあっという間の120分でした。

 

あと、「里山資本主義」読みたいと思います。